チャットレディの身バレ・顔バレ対策!家族や知人にバレない為の対策教えます

2019.11.21チャットレディ初心者講座

チャットレディを始めると嫌でも気になるのが、身バレ・顔バレ

左側キャラ
左側キャラ
チャットレディをしている事を家族や知り合いにバレたくない!

キャバクラなどの水商売に比べると直接会わない分バレる確率は低いですが、万が一同僚や知人がチャットに来てしまったら、無対策ではバレ必須です。

右キャラ
右側キャラ
チャット相手に自分の身元を特定されたらどうしよう…

住所や電話番号など個人情報がバレてしまい、ストーカーされる…というケースも考えられない話ではありません。

この記事では気をつけておきたいバレてしまう状況と、その対策をご紹介します。

まったくの未対策でチャットレディを始めるのは危険!本格的に始める前に目を通して自分で出来る対策はしておきましょう。

個人情報の流出はとっても危険!身バレ対策をしよう

景色の映り込みに気をつける

主に在宅チャットレディの方への注意です。

窓から見える景色や、金属や鏡の映り込みだけで住所まで特定される場合があります。

特に電柱の多くには街区表示板という現在地を案内するプレートが取り付けられています。万が一映ってしまったらGoogleマップで簡単に探すことができるので気をつけましょう。

土地柄が分かるものやオーダーメイド品を映さない

地元の特産品や、数が限定されるブランド物、オーダーメイド品などを映すのはなるべく避けましょう。

一品くらいならそうそうバレることはありませんが、複数置いてあれば答え合わせをしてくださいと言っているようなものです。

まさかいないとは思いますが、住所が書いてある郵便物や通販の箱を見える範囲に置くのも厳禁です。

別キャラクターのプロフィールを設定する

チャットの中でプロフィールを聞かれることはよくあります。本名を晒すチャットレディはいないと思いますが、無理のないキャラクターを作って演じてください。

  • 名前
  • 年齢(干支も覚えましょう)
  • 住所
  • 普段の仕事
  • 人妻チャットならバツ、子有り無し等の設定

無理なくキャラを演じるコツは程よく真実を混ぜることです。
例えば住所を聞かれたなら「関東のどこか」「〇〇の田舎の方」といった大雑把な情報で。年齢だったら実年齢よりマイナス3歳と決めておくなど。

その都度適当に嘘を付くと、同じことを聞かれたときに間違えてしまったり、パーティーチャットで男性同士が混乱することも…。

チャットサイト以外のSNSの取り扱いに注意する

何度かチャットをして仲良くなると、電話番号やメール、LINEなどでのやり取りを要求してくる男性がいます。

当然サイトとしてはNG行為なわけですが、貴女とのチャット以上の関係を持ちたくて、禁止でも聞いてくることがあります。

「本アカウントじゃなければ教えてもいい」という方もいらっしゃるかもしれませんが、誤送信や投稿内容から身バレする可能性がグンと上がります。

関係が切れることを恐れてつい教えてしまいがちですが、そこは仕事と割り切ってきっぱりと断りましょう。あまりに酷いようならサイトの運営に相談することで何らかの対処をしていただけます。

とはいえ現在Twitterやインスタグラムなんかはチャットレディとして宣伝したり、情報発信するにはベストなツールです。サイトの規約に引っかからない程度で上手に活用しましょう。

知り合いがいそうな場所の代理店を選ばない

身内や知り合いに絶対バレたくない場合は近所のチャット代理店は避けたほうがいいでしょう。

いくら近いからといって旦那さんが通勤に使う駅付近や、友達が買い物に来る場所付近の店舗は危険です。どうしてもそこしか無いのであれば、顔バレしないための多少の対策は必要です。

気をつけたい!こんなバレ方

パソコン履歴

在宅の方は要注意!パソコン、スマホ履歴バレ

家族でパソコンを共有している方は履歴に気をつけましょう。お気に入り登録も見つかってしまった場合の言い訳が厳しいです。

簡単な対策としては

  • こまめな履歴消去
  • ブラウザのシークレットモードを使う
  • パソコンにログインするアカウントを分けてパスワード設定する

アクセスした履歴はこまめに削除しましょう。

最近では履歴やCookieが保存されないシークレットモード(名称はブラウザによって異なります)がオススメです。ただしログイン時のIDやパスワードが記録されないため、毎回入力しなければなりません。

パソコン起動時のユーザーアカウントを分けてしまうのも手ですが、普段共有しているのにいきなりアカウントを分けるのも怪しまれます。できればパソコン新規購入時に分けておきたいですね。

スマホチャットをしている場合はサイト画面を出したまま放置しないように!

羽振りが良くなってバレる

身内に隠れてチャットレディをしている方…特に専業主婦の方でしょうか。
高額な服やブランド物などの購入で急に羽振りが良くなるとバレる可能性があります。

収入が別にあれば誤魔化しもできますが、程々にしないと最悪浮気を疑われかねません。

確定申告でバレる

副業で会社にバレる

本職が別にあって、副業としてチャットレディをしている場合、住民税が増えることでバレることがあります。

年間収入が20万円を超えたときに確定申告が必要になりますが、この場合住民税に影響があるので本業の会社の経理に目をつけられてしまいます。

扶養控除の対象から外れて家族にバレる

先程は会社に所属しているOLさんに向けての注意でしたが、大学生や主婦の方など家族の扶養に入っている方も注意が必要です。

扶養控除の対象となっている大学生や専業主婦の場合、1年間に38万円以上稼いでしまうと、扶養控除の対象から外れてしまいます。

扶養を超えないためには収入の調整が必要です。

以下の記事で、家族や会社にバレないようにする為の確定申告のやり方が載っているので是非チェックしてみてください。

知人に怪しまれない顔バレ対策

ライブチャットは男性も偽名を使うので、接続してみるまでその人が知人かどうかはわかりません。

カメラやマイクを通してのチャットなので、直で相対するキャバクラや風俗に比べて顔バレする確率は低いですが、会社の同僚や身内に見られても誤魔化せるくらいの対策は必須です。

普段と違うメイクやヘアスタイルにする

チャットレディのみならず、あらゆる職業の顔バレ対策の中でメジャーな方法です。

  • 派手目のメイク つけまつげやアイプチ、カラコンなど
  • ヘアアレンジ 前髪あり・無しや、髪を結ぶ・おろすなど
  • ウィッグ 髪色や髪型、髪の長さなど

派手なメイクにしてメリハリを利かすことで、顔バレ対策に加えてカメラ映えをよくする効果があります。
照明で飛んでしまうので、普段より濃い目のメイクでも全然OK!

特にアイメイクならアイプチやカラコン、つけまつげなど色々手段がありますね。 カラコンは付けることで目元の印象もだいぶ変わりますが、奇抜な色は男性受けがよくないので黒や茶色が無難でしょう。

普段やらないヘアアレンジにするのも有効です。普段前髪をおろしている人は横に流すスタイルにしたり、前髪だけのアレンジでも十分変わります。

更にウィッグなどを使用すれば髪色や髪の長さなど一気に普段と違う自分を演出できます。

また、特徴的な箇所にホクロやアザなどある場合は特定されやすいのでコンシーラーなどで隠しちゃいましょう。
逆に目元や口元にほくろを描いて印象を変える手もあります。

女性が思う以上に、少し印象を変えるだけで男性の目には別人に映ったりするみたいですよ。

衣装や装飾品に気をつける

私服か装飾品を衣装とするのは避けましょう。下着の使い回しでバレるのは彼氏か旦那さんくらいしかいないと思いますが、万が一を考えると危険です。

キャラ設定次第では、コスプレなんかもアリです。季節に合わせて水着や浴衣、サンタコスなどで特別感が出せます。通勤の方なら多くの事務所で衣装を用意してくれます。

あえて普段は着ないタイプの服を選ぶのもモチベーションアップに繋がりますよ。

顔の一部しか映さない

多少稼ぎにくくはなりますが、鼻から下だけを映すチャットレディも多いです。セクシーな口元や首元が見えるだけで、まったく顔を出さないより見栄えします。

逆にマスクをして、目元だけ出す人もいます。こちらはマスクをすることで小顔に見えたり、目が強調されて可愛く見えたりする、いわゆるマスク効果も狙えますね。

待機中だけ顔を出さない

待機中は不特定多数の人が映像を見ることができる状態なので、なるべく顔を出さないようにする人もいます。
ツーショットチャットで相手が知人で無いことを確認してから、顔出しするといった工夫をすれば安心ですね。

そもそも顔出ししない

顔出しをしないという選択もできます。チャットレディは顔出しの有り無しが稼ぎに大きく影響します…が、絶対にバレてはいけない方は出さなくとも働けます!

事前にカメラテストして、自然な体勢でも目元は見せないようなカメラ位置を模索してください。

チャット中の録画、スクリーンショット対策

ライブチャットは生配信ですし、サイト規約で録画やスクリーンショット禁止となっていますが、残念ながらそれでも撮る人はいます。最悪の場合、ネットに晒される恐れもあります。

そういった対策として、日付入りの時計やカレンダーを動画内に映すことで、録画行為をやりにくくできます。いつ撮影したものか、その時間誰とチャット中だったか特定しやすくなるからです。
もし晒されてしまった場合でも、上記の対策をして個人が特定できれば、運営を通してサイトの強制退会や動画の削除要請がしやすくなります。

あとは、顔出ししているチャットレディの中でも、アダルトパフォーマンス時は顔と体を一緒に映さないようにしている人もいます。

チャット中に相手の名前を呼ぶことも抑止力になります。名前を呼ばれることで会員さん自身が認知されてると感じて、ネットに上げづらくさせるのが狙いです。なにより会員さんも自分の名前を呼ばれたら喜んでくれることが多いです。

バレてしまった時の対処法

それでもバレてしまった!そんな時でもまずは落ち着いて、証拠を出されてない以上はとにかく否定することが大事です。
知らないフリを突き通してください。自分かと疑われても「よく誰かに似てるって言われる」などと言って誤魔化しましょう。

もしくはノンアダルトだけで働いていると言うのもアリです。アダルトを匂わせないように、「ただ話してるだけ」とアピール出来ます。
そもそもチャットなので風俗店やキャバクラなどと違い、直接的な接触はありませんし、上手くいけば言い訳が通用します。

決定的な証拠を出されてしまった場合は、素直に仕事をしていることを認めることも大切です。
働く理由は様々ですが、チャットレディの方には学費や生活費を稼ぐために働いている人も多く、そういった理由を話せば理解してくれる人はいます。

まとめ

沢山稼げるお仕事にリスクはつきものですが、事前に対策することで対処できることも多いことがわかりました。

自分の身は自分で守る!という気持ちで、しっかりと対策して少しでも不安を減らしましょう。

チャットレディの皆さんが安心してお仕事に集中できるような環境作りに役立ててもらえたら幸いです。